ゴルフのキャディになりたいなら
ワークステーションのCALで!

CAL採用ブログ 漫画でわかるCAL!
保護者の方へ 保護者の方へ

この度は、大切なお子さんの就職先としてCALをご検討いただきありがとうございます。
18年間一緒に暮らしてきたお子さんと離れて暮らすことに不安を感じる方が多いかもしれませんが、お子さんにとっては大切な巣立ちの時です。
ぜひ、CALでの働き方や周囲の環境をご理解いただきながら、ご検討ください。

みなさまからの質問 みなさまからの質問

CALの親御さんも皆さん同じような不安や悩みを持っていました。
ここでは、CALと親御さんのインタビューをご紹介します。就職先を決める時に親子でどんなことを話したのか、CALで働く娘をどう思っているのかなど、ぜひ参考にしていただければと思います。

親子で語ろう 親子で語ろう

就職活動で不安だったことは?

長崎から出すわけなので、「ホームシックにかからないか?」「ちゃんと勤まるのか?」など、心配はありました。ただ、CALには地元から先輩たちも入社していましたし、福利厚生や待遇面、寮完備など、体制がしっかりしている会社だと知り、安心して送り出すことができました。

最初は先生に勧められてCALのことを知りました。もともと体を動かすことが好きで、「ここしかない!」と思っていたので、特に不安はありませんでした。むしろこれからどんな経験ができるのか、期待でいっぱいでした!

就職活動で不安だったことは?

社会人になり、どのような成長を感じられますか?

相手のことを考えて行動できるようになったと感じます。これは、親だけではなく、お客様や先輩と関わる中で培われたのだろうと思います。仕事を通じて経験しないと分からないことがたくさんありますから。

コミュニケーションのスキルが上がったと感じます。例えば、外出中に道を聞かれた時にも、分かりやすくはっきりと答えられるようになりました。

社会人になり、どのような成長を感じられますか?

初めて帰省した時は?

特別なことはしていませんが、一緒に買い物に出かけたりしました。今は、LINEや電話ができるので、娘と離れて暮らしている気がしなかったというのが正直なところでしょうか。ただ、帰省したとき、私や弟たち家族に対してプレゼントを用意してくれいて、ウルっときたのを覚えています。

地元を離れて生活するうちに親のありがたみがわかり、今までの感謝の気持ちを伝えたいと思ってプレゼントを買いました。そんなに喜んでくれていたとは(笑)気持ちが伝わっていたみたいで、よかったです。

初めて帰省した時は?

CALで働く娘さんを見てどう思いますか?

人間関係での成長を感じました。周りにきっと良い仲間がいるおかげだと思っています。帰省した時、話を聞きながら仕事や人間関係で成長したんだなと再確認しました。なので、今は娘に対して何も心配していません。

働く中で思うのは、CALはとてもやりがいのある仕事だということです。自分次第でお客様に一日を楽しく過ごしてもらえるかどうかが決まるので、普段から「どうやったら楽しくプレーしてもらえるか」を常に心がけています。一日の終わりに「ありがとう」「楽しかった」という言葉をもらえると本当にやっててよかったと思います。これからもいろいろな経験を積んで、頑張ろうと思います。

親御さんへのお手紙「ふるさと便」 親御さんへのお手紙「ふるさと便」
株式会社ワークステーション 代表取締役社長 末吉淳子

「ワークステーションでは“社員はみんな家族”だと考えています。ただ甘やかすだけでなく、時には厳しく接しながら応援する。困ったことがあれば先輩に相談し、困っている後輩の相談に乗る。互いが支え合う大家族主義を大切にしています。

もっとCALを知りたい方へ CAL採用ブログ
8月8日 年に一度のわ~くワーク杯開催!!

イベント
2017.08.15

8月8日 年に一度のわ~くワーク杯開催!!

続きを読む
先生方が大阪へ企業訪問!!卒業生の生徒たちとお食事。みなみのグリコ前で

その他
2017.08.10

先生方が大阪へ企業訪問!!卒業生の生徒たちとお食事。みなみのグリコ前で

続きを読む
職場見学会に参加した生徒さんからお礼のお手紙がきました!(^^)

お知らせ
2017.08.07

職場見学会に参加した生徒さんからお礼のお手紙がきました!(^^)

続きを読む